トップ 御なたね油

御なたね油

御なたね油

澄んだ黄金色は 手間ひまかけて搾った証
 菜種一番搾りの エクストラバージンオイル

青森県横浜町の風土がはぐくんだ上質な菜種を天日干しし、非焙煎で圧搾。手間ひまかけて丁寧に、自然濾過を繰り返し菜種独特の青臭さ、えぐみ等を取り除き、仕上げた風味豊かな菜種油は、そのままパンにつけても、ドレッシングとしても美味しく味わえます。


御なたね油シリーズ


御なたね油の製造方法

御なたね油の製造方法

@ 天日干し
生搾りするために、お陽様の力を借りています。菜種は全量昔ながらの「天日干し」です。(非焙煎)

A 非焙煎
自然のままの菜種が使われています。焙煎したり温水につけることで搾油量は飛躍的に増加するのですが、風味が損なわれてしまうため、これらは一切行っていません。

B 栽培期間中、農薬不使用
菜種の栽培に関しては一切農薬を使うことなく、化学肥料等も使っていません。

C 仕上げ
搾油後の一番搾りを数日間静置後、精油機にとおし、数回の自然ろ過を繰り返します。瓶詰め作業も1本ずつ確認しながら手作業で仕上げます。

ショッピングサイトへ

SIDE MENU

生産情報

2016年10月に収獲された青森県横浜町産の菜種からできた「御なたね油」は、放射性物質の検査の結果、すべて不検出でした。
このページのトップへ